田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

勝率トップ8割3分7厘も藤井四段には「通過点」にすぎない

公開日:

 藤井聡太四段(15)は昨年12月のデビュー戦以来、負けなしで連勝街道を驀進していった。そして今

 年6月26日に竜王戦で増田康宏四段(20)に勝ち、29連勝の新記録を達成した。7月2日に竜王戦で佐々木勇気六段(23)に敗れて連勝記録は29で止まったが、その後も好成績を挙げている。

 11月下旬には最年少記録の15歳4カ月(2位は羽生善治竜王の16歳6カ月)、四段昇段から最速記録の1年1カ月(同じく羽生の1年3カ月)で、公式戦通算50勝に達した。

 ただ藤井四段にとって、この記録は通過点にすぎない。

 藤井四段の今年度の成績は12月5日時点で、対局数は49局、勝利数は41勝、勝率は8割3分7厘。連勝記録を含めたいずれの記録部門でも1位である。


 ちなみに歴代1位の年度記録は、対局数は羽生の89局(2000年)、勝利数は羽生の68勝(同年)、勝率は中原誠の8割5分4厘(五段時代の1967年)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る