人生の満足度ダウン…20代女性の4割が“インスタ疲労”自覚

公開日: 更新日:

「正直ね、インスタ疲れもあるんですよ」

 昨年8月にインスタグラムを開設した福山雅治(48)がラジオ番組でポツリ。福山といえば、黒柳徹子(84)にインスタを勧めていた張本人だ。

 国内ユーザー数が2000万人を突破したインスタグラム。“インスタ映え消費”という言葉も定着しているが、福山のようにインスタに写真を投稿する時間がおっくうで、人知れずインスタ疲労を訴える者も多い。

 PGF生命「人生の満足度に関する調査2017」によると、インスタなどSNSにハマりすぎて満足度を下げたとする20代女性は38.8%。20代男性の19.2%と比べても突出している。

 インスタ映えを意識するあまり、わざわざ行列のレストランに足を運んだり、無理に節約して旅行に出かけたり、それがやがて苦痛になる。努力をした結果、目に見える成果があればまだしも、一般ユーザーのフォロワー数は100人未満がほとんど。なかなか努力が報われない世界だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る