売り上げ例年の数倍 大人気「融雪剤」は大雪時の秘密兵器

公開日:

 山形・肘折は家が埋まるほどの4メートル超の積雪を記録し、北海道ではJR函館線の特急列車が雪でストップ。乗客200人が車中泊を余儀なくされた。東京でもドカ雪が降るなど、今年の雪はスゴい。それでも、毎日の生活は変わらず続く。

 そんななか、記録的な大雪で売り上げを伸ばしたのが融雪剤だ。

 道路の凍結を解消したり、押し固められた雪を溶かすときに使われる“秘密兵器”である。降雨が続いた冬場はダートコースにまかれることもあるので、競馬ファンにもおなじみだろう。それによって馬場状態が変わるので、思案のしどころとなる。裏を返せば、それだけ融雪剤は効果が見込めるということだ。

 アマゾンの売れ筋ランキングをのぞくと、コンパルの「融雪くん(無塩・凍結防止剤)」の5キロ入りがベストセラー。オープン価格の商品だが、実勢価格は2000円ちょっと。塩化カルシウムを使用していないのが特徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る