浪人して東大より千葉大へ 第2志望で現役合格の損得勘定

公開日:

 2018年度入試の国立大2次試験の確定志願者数のトップは、千葉大が1万756人で3年連続で全国首位に。ちなみに2位は、神戸大の9980人だ。大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏はこう言う。

「千葉大は、16年度入試から国立大で初めて国際教養学部を新設しましたし、医学部を持っている首都圏の総合大は、東大と千葉大だけです。交友関係の幅が広がる総合大は受験生人気が高い。さらに東大が16年度から後期入試を廃止した影響もあるでしょう」

 その分、受験生が東大から千葉大に流れたというわけだ。

「イマドキの受験生は浪人は時間の無駄と考えがちです。もちろん経済的に、私大進学や浪人をする余裕がないケースもある。目標は東大だけど、浪人はしたくないから千葉大へ。安全志向の受験生も増えているように思います」(安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る