浪人して東大より千葉大へ 第2志望で現役合格の損得勘定

公開日: 更新日:

 2018年度入試の国立大2次試験の確定志願者数のトップは、千葉大が1万756人で3年連続で全国首位に。ちなみに2位は、神戸大の9980人だ。大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏はこう言う。

「千葉大は、16年度入試から国立大で初めて国際教養学部を新設しましたし、医学部を持っている首都圏の総合大は、東大と千葉大だけです。交友関係の幅が広がる総合大は受験生人気が高い。さらに東大が16年度から後期入試を廃止した影響もあるでしょう」

 その分、受験生が東大から千葉大に流れたというわけだ。

「イマドキの受験生は浪人は時間の無駄と考えがちです。もちろん経済的に、私大進学や浪人をする余裕がないケースもある。目標は東大だけど、浪人はしたくないから千葉大へ。安全志向の受験生も増えているように思います」(安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る