“生みの親”常見陽平氏が解説「意識高い系」が減った理由

公開日:

「学生団体から、講演会を聞きに来てほしいと電話があったんだ。その団体の代表に『勉強になると思いますよ』とか言われちゃってね。こっちはすでにそれなりに成果を残してるんだけど……」

 社会問題やビジネスに興味を持って活動する学生は珍しくない。その行動自体は決して悪くはないが、そんな学生が、“自分たちがトップランナー”的な言動で、周りにモヤッとした不快感を与えることがある。その典型が、冒頭のような電話だろう。

 そんな若者は「意識高い系」といわれる。経歴や人脈などを過剰にアピールしたり、口では立派なことを言ったりするが、中身や成果が伴っていないことを揶揄(やゆ)する言葉で、登場してから7、8年になるだろう。なぜ意識高い系が生まれたのか。

 この言葉を「『意識高い系』という病」(ベスト新書)で広めた千葉商科大学専任講師の常見陽平氏は、「近年は意識高い系の若者にも変化が見られる」としてこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  6. 6

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  7. 7

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る