• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大隅潔さん<4>大場政夫の死は記者生活で一番悲しい日

 当時の相撲記者は二毛作だった。

「午前中は国技館へ行き、午後6時が打ち出し。原稿が終わるのが、早ければ7時。それから後楽園ホールへボクシングの取材へ駆けつけるのですが、メインイベントは午後8時半からなので十分に間に合いました。当時はボクシングの黄金時代。月曜日だけ試合がなく、ほかの日は毎日、どこかのテレビ局が生中継で試合を中継していたものです。それもゴールデンタイムだった。藤猛からはじまり、沼田義明、小林弘、西城正三、柴田国明、そして輪島功一……。現在のように団体や階級が多いチャンピオンとはレベルが違って、非常に見応えがあった。その中でも、忘れられない選手が大場政夫でした」

■「すぐに帝権ジムへ向かえ!」

 不世出のボクサーだった大場は1970年10月、21歳の若さでWBA世界フライ級王座を獲得。5度の王座防衛後の1973年1月25日午前、不慮の事故に遭う。大隅さんより7つ年下だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

もっと見る