大隅潔さん<4>大場政夫の死は記者生活で一番悲しい日

公開日:

 当時の相撲記者は二毛作だった。

「午前中は国技館へ行き、午後6時が打ち出し。原稿が終わるのが、早ければ7時。それから後楽園ホールへボクシングの取材へ駆けつけるのですが、メインイベントは午後8時半からなので十分に間に合いました。当時はボクシングの黄金時代。月曜日だけ試合がなく、ほかの日は毎日、どこかのテレビ局が生中継で試合を中継していたものです。それもゴールデンタイムだった。藤猛からはじまり、沼田義明、小林弘、西城正三、柴田国明、そして輪島功一……。現在のように団体や階級が多いチャンピオンとはレベルが違って、非常に見応えがあった。その中でも、忘れられない選手が大場政夫でした」

■「すぐに帝権ジムへ向かえ!」

 不世出のボクサーだった大場は1970年10月、21歳の若さでWBA世界フライ級王座を獲得。5度の王座防衛後の1973年1月25日午前、不慮の事故に遭う。大隅さんより7つ年下だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る