大隅潔さん<4>大場政夫の死は記者生活で一番悲しい日

公開日:

 当時の相撲記者は二毛作だった。

「午前中は国技館へ行き、午後6時が打ち出し。原稿が終わるのが、早ければ7時。それから後楽園ホールへボクシングの取材へ駆けつけるのですが、メインイベントは午後8時半からなので十分に間に合いました。当時はボクシングの黄金時代。月曜日だけ試合がなく、ほかの日は毎日、どこかのテレビ局が生中継で試合を中継していたものです。それもゴールデンタイムだった。藤猛からはじまり、沼田義明、小林弘、西城正三、柴田国明、そして輪島功一……。現在のように団体や階級が多いチャンピオンとはレベルが違って、非常に見応えがあった。その中でも、忘れられない選手が大場政夫でした」

■「すぐに帝権ジムへ向かえ!」

 不世出のボクサーだった大場は1970年10月、21歳の若さでWBA世界フライ級王座を獲得。5度の王座防衛後の1973年1月25日午前、不慮の事故に遭う。大隅さんより7つ年下だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る