大隅潔さん<3>大鵬さんに「一緒に風呂に入ろう」と誘われ

公開日:  更新日:

「スポニチの記者さん、大将が一緒に風呂に入ろうと言ってます」

 相撲記者時代、大隅さんは取材先の二所ノ関部屋で付け人の若手力士にこう声をかけられた。

「大将とは、大鵬さんの呼び名です。風呂場に行くと、付け人が2人がかりで横綱の体を洗っていました。近づくと、『金剛(元関脇)が風邪をひいたから、麻雀のメンバーに入ってくれないか』とのことでした」

 一瞬、ギョッとしてしまったが、裸の付き合いができるほど取材対象者に食い込んでいたということ。大隅さんは先輩記者の「取材には一番最初に行って、最後に帰れ」という言いつけを愚直に守ってきた。大鵬は麻雀好きで有名だった。

「横綱の部屋には、当時珍しかった舶来品のスコッチウイスキーが山積みだった。麻雀は負けてしまったのですが、帰りにそのウイスキー2本と浴衣地をくださいました。大鵬さんといえば、“スッポン事件”も忘れがたい。九州場所でしたが、スッポンの差し入れがあるから宿舎に食べに来いと誘われた。ところが、行ってみると大鵬さんが玄関で仁王立ちしている。大きなバケツにスッポンを3匹入れて蓋をしていたんだけど、隙を見てもの凄い力で田んぼに逃げちゃったというのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る