• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大隅潔さん<3>大鵬さんに「一緒に風呂に入ろう」と誘われ

「スポニチの記者さん、大将が一緒に風呂に入ろうと言ってます」

 相撲記者時代、大隅さんは取材先の二所ノ関部屋で付け人の若手力士にこう声をかけられた。

「大将とは、大鵬さんの呼び名です。風呂場に行くと、付け人が2人がかりで横綱の体を洗っていました。近づくと、『金剛(元関脇)が風邪をひいたから、麻雀のメンバーに入ってくれないか』とのことでした」

 一瞬、ギョッとしてしまったが、裸の付き合いができるほど取材対象者に食い込んでいたということ。大隅さんは先輩記者の「取材には一番最初に行って、最後に帰れ」という言いつけを愚直に守ってきた。大鵬は麻雀好きで有名だった。

「横綱の部屋には、当時珍しかった舶来品のスコッチウイスキーが山積みだった。麻雀は負けてしまったのですが、帰りにそのウイスキー2本と浴衣地をくださいました。大鵬さんといえば、“スッポン事件”も忘れがたい。九州場所でしたが、スッポンの差し入れがあるから宿舎に食べに来いと誘われた。ところが、行ってみると大鵬さんが玄関で仁王立ちしている。大きなバケツにスッポンを3匹入れて蓋をしていたんだけど、隙を見てもの凄い力で田んぼに逃げちゃったというのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る