パートナーズ盛田慎二社長 「流転の海」完結編待ち遠しい

公開日:

 人形を手にした不思議なおじさん。今回登場するのは、誰もが見たことのある企業のノベルティーグッズの企画・製作で有名なパートナーズの盛田慎二社長(68)だ。

 両腕に抱いているのは、自社開発の音声認識人形「おしゃべりみーちゃん」と、振り込め詐欺防止のサポート人形「あんしんみーちゃん」だ。

「子供のあどけない声で簡単な会話もできますし、ちょうど今頃であれば、<♪夏も近づく八十八夜~>と、季節の歌をうたい出します。私も気づけば高齢者と呼ばれる年齢に近づき、地方で一人暮らしをするおばあちゃんなど、幼い子供の声に癒やされる気持ちが痛いほど分かるようになりました」

 とはいえ、主力商品はその子供たちを喜ばせるプレミアムグッズの数々だ。バブルが崩壊し広告関連の仕事が激減した頃、「売れる企画」を考えた末にたどり着いたのが企業のノベルティー商品だった。そして最初に手がけたのは日清食品「どん兵衛」のキツネの人形だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る