• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本語だけでOK」の職場も アジア移住の狙い目と注意点

 海外にロングステイする人口が増えている。これはリタイア世代に限ったことではない。

 ロングステイ財団の調査によると、70歳以上は5万8500人で前年比102%。だが、40~49歳も35万9000人で102%、50~59歳は25万2000人で101%と、働き盛りの海外移住も盛んだ。

 人気はやはりアジア諸国。11年連続でマレーシアが1位となっていて、タイ、ハワイ、台湾、フィリピンと続く。

 滞在費の安さなど経済的な理由はもちろん、就職のしやすさも考えるとアジアに流れやすいのだろう。「海外暮らし最強ナビ アジア編」(辰巳出版)の著者で、ライターの室橋裕和氏はこう言う。

「私もタイのバンコクに10年住んでいましたが、30~50代の働き盛り世代なら仕事を見つけやすいですね。ネットで『タイ 求人』で検索するとたくさん出てきます。自動車関連産業の集積地となっている関係で製造業が盛ん。日系の工業団地もあります。英語で日常会話ができればOKという会社も多いし、日本語だけでOKという職場まである。現地採用の場合、月給は最低5万バーツ(約16万7000円)ほどですが、タイで生活するなら少ない額ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る