「日本語だけでOK」の職場も アジア移住の狙い目と注意点

公開日:

 海外にロングステイする人口が増えている。これはリタイア世代に限ったことではない。

 ロングステイ財団の調査によると、70歳以上は5万8500人で前年比102%。だが、40~49歳も35万9000人で102%、50~59歳は25万2000人で101%と、働き盛りの海外移住も盛んだ。

 人気はやはりアジア諸国。11年連続でマレーシアが1位となっていて、タイ、ハワイ、台湾、フィリピンと続く。

 滞在費の安さなど経済的な理由はもちろん、就職のしやすさも考えるとアジアに流れやすいのだろう。「海外暮らし最強ナビ アジア編」(辰巳出版)の著者で、ライターの室橋裕和氏はこう言う。

「私もタイのバンコクに10年住んでいましたが、30~50代の働き盛り世代なら仕事を見つけやすいですね。ネットで『タイ 求人』で検索するとたくさん出てきます。自動車関連産業の集積地となっている関係で製造業が盛ん。日系の工業団地もあります。英語で日常会話ができればOKという会社も多いし、日本語だけでOKという職場まである。現地採用の場合、月給は最低5万バーツ(約16万7000円)ほどですが、タイで生活するなら少ない額ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る