• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新燃岳噴火は前兆か 2019年“大地震の可能性”を専門家指摘

 2019年までに巨大地震が起きる――。

 1日噴火した宮崎・鹿児島県境の新燃岳。2011年1月に52年ぶりに爆発的噴火を起こし、昨年10月にも噴火している。九州では桜島でも噴火が続き、えびの高原も噴火の兆候があるという。

 1日は、沖縄県竹富町で震度5弱を記録する地震があった。九州の地下で何が起こっているのか。立命館大環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。

「今回の噴火はフィリピン海プレートが動いて、火山の地下にあるマグマだまりを押し出したのだと思います。フィリピン海プレートでは、九州の火山の他、台湾やフィリピン、インドネシア、パプアニューギニアなどでも地震や噴火が相次いでいます。フィリピン海プレートは東京近くまで延びている。関東以西でいつ直下型地震が起きてもおかしくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事