ツイッターで大反響! 米ミシガン州の警察署が子猫を採用

公開日: 更新日:

 米ミシガン州デトロイト郊外トロイの警察署が子猫を“警察猫”として採用すると発表して話題になっている。

 発端は先月7日、同署広報がツイッターに「4月までに私たちのフォロワーが1万人を突破したら、警察猫を採用します。この大切な公共安全の構想を支持してくださるなら、このアカウントをフォロー、もしくはリツイートしてください」と書き込んだこと。引き取り手がなければ処分される保護施設にいる野良猫を救済するためのキャンペーンの一環だ。

 発表時に4000人だったフォロワーは、たった8日で1万人を突破! この大反響を受け、同署は今月6日にオーディションを実施し、ミシガン動物愛護協会から選ばれた5匹の子猫から1匹を選んだ。写真(同署のツイッターより)はオーディションの光景だ。

 7日付の地元紙デトロイト・フリー・プレス(電子版)などによると、同署は選んだ猫を体重が2ポンド(900グラム)を超えたら正式に発表するとしている。同協会が、規則で2ポンド以下の子猫の引き取りを禁止しているためだ。

 子猫の名前はまだ決まっておらず、同署広報によると、ツイッターを利用したコンテストを通じ、地域の小学生に決めてもらう方針。猫は警察犬のように事件の解決に寄与することはなく、マスコットのような役割を果たすことになるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る