宝くじ評論家が教える 還元率トップの最も当たるジャンボ

公開日:

宝くじ評論家・長利正弘さん

 雑誌の連載や新聞、ラジオ・テレビなどで宝くじの攻略法を伝授してきた。初めて宝くじを見たのは、1976年、小学校5年生のころ。以来、宝くじを買い続けている長利正弘さん(52)に、最も当たるジャンボを教えてもらおう。

 ◇  ◇  ◇

 ある日、酒もたばこもギャンブルもしない父親が、100円の宝くじを5枚持って帰ってきた。今ほど宝くじが認知されていない時代。商店街の福引のような感覚で手に取ってみた。

「でも裏を見たら、1等1000万円が何本と書いてあって、100円なんて80万本もあった。このときは100円が1枚しか当たらなかったけど、子供ながらに『80万本もあって、なぜ1本しか当たらないんだろう』と不思議でした。それで中学に入ってからは、小遣いで毎週1、2枚買った。以来、宝くじの購入は習慣です。83年ごろまでは毎週、デザインが異なる宝くじのコレクションもしていた。今は、サマージャンボなら花火、かき氷、金魚とか似たデザインだから、収集より当せんに力を注いでます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る