宝くじ評論家が教える 還元率トップの最も当たるジャンボ

公開日: 更新日:

宝くじ評論家・長利正弘さん

 雑誌の連載や新聞、ラジオ・テレビなどで宝くじの攻略法を伝授してきた。初めて宝くじを見たのは、1976年、小学校5年生のころ。以来、宝くじを買い続けている長利正弘さん(52)に、最も当たるジャンボを教えてもらおう。

 ◇  ◇  ◇

 ある日、酒もたばこもギャンブルもしない父親が、100円の宝くじを5枚持って帰ってきた。今ほど宝くじが認知されていない時代。商店街の福引のような感覚で手に取ってみた。

「でも裏を見たら、1等1000万円が何本と書いてあって、100円なんて80万本もあった。このときは100円が1枚しか当たらなかったけど、子供ながらに『80万本もあって、なぜ1本しか当たらないんだろう』と不思議でした。それで中学に入ってからは、小遣いで毎週1、2枚買った。以来、宝くじの購入は習慣です。83年ごろまでは毎週、デザインが異なる宝くじのコレクションもしていた。今は、サマージャンボなら花火、かき氷、金魚とか似たデザインだから、収集より当せんに力を注いでます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る