宝くじ評論家が教える 還元率トップの最も当たるジャンボ

公開日:

宝くじ評論家・長利正弘さん

 雑誌の連載や新聞、ラジオ・テレビなどで宝くじの攻略法を伝授してきた。初めて宝くじを見たのは、1976年、小学校5年生のころ。以来、宝くじを買い続けている長利正弘さん(52)に、最も当たるジャンボを教えてもらおう。

 ◇  ◇  ◇

 ある日、酒もたばこもギャンブルもしない父親が、100円の宝くじを5枚持って帰ってきた。今ほど宝くじが認知されていない時代。商店街の福引のような感覚で手に取ってみた。

「でも裏を見たら、1等1000万円が何本と書いてあって、100円なんて80万本もあった。このときは100円が1枚しか当たらなかったけど、子供ながらに『80万本もあって、なぜ1本しか当たらないんだろう』と不思議でした。それで中学に入ってからは、小遣いで毎週1、2枚買った。以来、宝くじの購入は習慣です。83年ごろまでは毎週、デザインが異なる宝くじのコレクションもしていた。今は、サマージャンボなら花火、かき氷、金魚とか似たデザインだから、収集より当せんに力を注いでます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る