平田静子さん<5>福田和子とは出所後に温泉旅行の約束をした

公開日: 更新日:

「アメリカンインディアンの教え」で80万部のヒットを飛ばすなど、凄腕の編集者となった平田さんは、女性向け情報誌「CAZ」の編集長を経て、雑誌部長、そして書籍部長と昇格していった。

「OLのときから仕事は自分の力になると思っていましたし、実際に仕事を通して学ぶことは多かったですね。その力が蓄積され、人間力も身についていき、人脈も得ることができました。それが新しい仕事にもつながる。編集者をやっていて面白かったのは、会いたい人に会えること、行きたいところに行けることでした。ダイアナ妃のファッションブックを作りたいと思って、周りにその思いをシェアしていたら、実際にお目にかかる機会を得られたこともありました」

 好奇心と行動力は、400万部を超える「チーズはどこへ消えた?」を生み出し、強盗殺人犯・福田和子の手記「涙の谷」を出版する原動力にもなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る