平田静子さん<5>福田和子とは出所後に温泉旅行の約束をした

公開日:

「アメリカンインディアンの教え」で80万部のヒットを飛ばすなど、凄腕の編集者となった平田さんは、女性向け情報誌「CAZ」の編集長を経て、雑誌部長、そして書籍部長と昇格していった。

「OLのときから仕事は自分の力になると思っていましたし、実際に仕事を通して学ぶことは多かったですね。その力が蓄積され、人間力も身についていき、人脈も得ることができました。それが新しい仕事にもつながる。編集者をやっていて面白かったのは、会いたい人に会えること、行きたいところに行けることでした。ダイアナ妃のファッションブックを作りたいと思って、周りにその思いをシェアしていたら、実際にお目にかかる機会を得られたこともありました」

 好奇心と行動力は、400万部を超える「チーズはどこへ消えた?」を生み出し、強盗殺人犯・福田和子の手記「涙の谷」を出版する原動力にもなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る