左時枝さん 母親代わりだった姉・左幸子が作った豪快酒鍋

公開日:

 映画「母べえ」やNHKの大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」、この2月に放送された「新・京都殺人案内」(フジテレビ系)など2時間ドラマでも活躍。姉は映画「飢餓海峡」で知られる大女優・左幸子。時枝さんは富山県・朝日町で生まれ中学2年で上京した。

「富山にいた当時、母がよく作ってくれたのはタラの昆布締めです。昔は富山でもたくさん昆布が採れたんですよ。春になると昆布漁で忙しくなる家が多くて学校が休みになったくらい。タラも山のように取れました」

「タラいらんけ~」と売り歩く魚売りに、「ダラ(富山や石川の方言ではバカの意)いらんぞ~」と子供たちが返すのが故郷の冬の風物詩だった。

「昆布締めはおせち料理の定番ですけど、ウチではしょっちゅう食卓に並んでいました」

 実家は古美術商で家族が使う食器類も名のある焼き物が多かった。それに生け花の師匠の母・セツさん(享年94)が料理を盛り付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る