• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左時枝さん 母親代わりだった姉・左幸子が作った豪快酒鍋

 映画「母べえ」やNHKの大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」、この2月に放送された「新・京都殺人案内」(フジテレビ系)など2時間ドラマでも活躍。姉は映画「飢餓海峡」で知られる大女優・左幸子。時枝さんは富山県・朝日町で生まれ中学2年で上京した。

「富山にいた当時、母がよく作ってくれたのはタラの昆布締めです。昔は富山でもたくさん昆布が採れたんですよ。春になると昆布漁で忙しくなる家が多くて学校が休みになったくらい。タラも山のように取れました」

「タラいらんけ~」と売り歩く魚売りに、「ダラ(富山や石川の方言ではバカの意)いらんぞ~」と子供たちが返すのが故郷の冬の風物詩だった。

「昆布締めはおせち料理の定番ですけど、ウチではしょっちゅう食卓に並んでいました」

 実家は古美術商で家族が使う食器類も名のある焼き物が多かった。それに生け花の師匠の母・セツさん(享年94)が料理を盛り付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る