周囲は偽物と嘲笑するも…米で発見“超レア金貨”仰天の価格

公開日:

 米北東部に住むある男性コイン収集家(匿名希望)が、サンフランシスコ造幣局がゴールドラッシュに沸く1854年に鋳造した5ドル金貨を手に入れた。

 コレクター仲間やディーラーに見せたが、みんなから「そんなの偽物に決まってるだろ」と鼻で笑われた。というのもこの金貨、超レアなのだ。わずか268枚しか鋳造されず、現存しているのは3枚に過ぎない。

 このコイン収集家が、念のためにコイン鑑定の大手NGCに真贋の鑑定を依頼したところ、ナントこれが本物! 価値は日本円で1億円以上は確実だという。

 NGCは4月18日付の公式サイトに「一生に一度あるかどうかの発見」というタイトルの記事を掲載。マーク・サルズバーグNGC会長は「ガレージセールでピカソの真作を見つけるようなものです。これまで知られていなかった米国の偉大な硬貨の1枚で、一生に一度あるかどうかの発見です」と発見のレアさを強調。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る