周囲は偽物と嘲笑するも…米で発見“超レア金貨”仰天の価格

公開日: 更新日:

 米北東部に住むある男性コイン収集家(匿名希望)が、サンフランシスコ造幣局がゴールドラッシュに沸く1854年に鋳造した5ドル金貨を手に入れた。

 コレクター仲間やディーラーに見せたが、みんなから「そんなの偽物に決まってるだろ」と鼻で笑われた。というのもこの金貨、超レアなのだ。わずか268枚しか鋳造されず、現存しているのは3枚に過ぎない。

 このコイン収集家が、念のためにコイン鑑定の大手NGCに真贋の鑑定を依頼したところ、ナントこれが本物! 価値は日本円で1億円以上は確実だという。

 NGCは4月18日付の公式サイトに「一生に一度あるかどうかの発見」というタイトルの記事を掲載。マーク・サルズバーグNGC会長は「ガレージセールでピカソの真作を見つけるようなものです。これまで知られていなかった米国の偉大な硬貨の1枚で、一生に一度あるかどうかの発見です」と発見のレアさを強調。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  8. 8

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

もっと見る