• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周囲は偽物と嘲笑するも…米で発見“超レア金貨”仰天の価格

 米北東部に住むある男性コイン収集家(匿名希望)が、サンフランシスコ造幣局がゴールドラッシュに沸く1854年に鋳造した5ドル金貨を手に入れた。

 コレクター仲間やディーラーに見せたが、みんなから「そんなの偽物に決まってるだろ」と鼻で笑われた。というのもこの金貨、超レアなのだ。わずか268枚しか鋳造されず、現存しているのは3枚に過ぎない。

 このコイン収集家が、念のためにコイン鑑定の大手NGCに真贋の鑑定を依頼したところ、ナントこれが本物! 価値は日本円で1億円以上は確実だという。

 NGCは4月18日付の公式サイトに「一生に一度あるかどうかの発見」というタイトルの記事を掲載。マーク・サルズバーグNGC会長は「ガレージセールでピカソの真作を見つけるようなものです。これまで知られていなかった米国の偉大な硬貨の1枚で、一生に一度あるかどうかの発見です」と発見のレアさを強調。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る