ITサポートを呼び水に 「ルノアール」8期連続売上高更新へ

公開日: 更新日:

 人気のコーヒーチェーンといえば、スターバックスやブルーボトルなど海外勢ばかり。昭和ブームとはいっても、コーヒーをネルドリップで抽出するような昭和の喫茶店はすたれている。ところが、1964年創業のルノアールは、好調だ。

 昨年3月期の売上高は約76億5000万円で、今期も通期の経常利益が前期を上回る見通し。8年連続で過去最高の売上高を更新する勢いだ。

 ルノアールは複数の業態を展開するが、定番の喫茶室ルノアールのコーヒー各種は1杯600円前後。サイズや種類にもよるが、スタバより高いかもしれない。売上高で日本最高といわれるスタバは昨年9月期に6年ぶりに営業減益になったことが話題を呼んだ。ルノアールの強さは、どこにあるのか。ライターのいからしひろき氏が言う。

「たとえば、私がよく利用する新宿三丁目店は、地下鉄のコンコースに直結する利便性です。立地の良さが一つ。都心なら主要駅の近くには、必ずありますから、打ち合わせや待ち合わせには、便利です。昔ながらのビロード地のソファは座り心地がよく、席はゆとりある配置で、落ち着いて話をできるのもいい。この点は、ビジネス利用には大きいでしょう。ドリンクを飲み終えた後の緑茶サービスにもホッとします。マニュアルでも、そんな心遣いは『お疲れさまです』といわれているようでうれしい。結局、ネット社会といっても、リアルの世界では、居心地のよさが第一で、それが業績に結びついているのです」

 Wi―Fiや携帯の充電が無料なのは、居心地の良さを知ってもらうための呼び水だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る