疲れた人と寂しい人のニーズ取り込む 代行サービス急成長

公開日:

 たまの休日、気晴らしにどこかへ行きたい。でも、掃除や洗濯が……。共働き世帯にとって、たまった家事を週末にまとめてやるのはつらい。高齢者や単身者も、仕事をしながらの家事は、やっぱり大変だ。

 そんなニーズを受けて家事代行サービスが伸びている。経産省の推計によると、2012年に980億円の市場規模は、将来的に6000億円に膨らむという。

 たとえば、家事代行業者の一つベアーズは、利用件数は毎年20%増だという。

「利用者は半数が子育て中の共働き世帯で、単身者と専業主婦世帯、シニア世帯がそれぞれ6分の1ずつを占めます。平日昼間の不在時に定期的に利用される方が多いです」(マーケティング課の服部祥子氏)

 一昔前は、水回りや台所の掃除や調理などが人気だったが、最近はサービスが細分化している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る