疲れた人と寂しい人のニーズ取り込む 代行サービス急成長

公開日: 更新日:

 たまの休日、気晴らしにどこかへ行きたい。でも、掃除や洗濯が……。共働き世帯にとって、たまった家事を週末にまとめてやるのはつらい。高齢者や単身者も、仕事をしながらの家事は、やっぱり大変だ。

 そんなニーズを受けて家事代行サービスが伸びている。経産省の推計によると、2012年に980億円の市場規模は、将来的に6000億円に膨らむという。

 たとえば、家事代行業者の一つベアーズは、利用件数は毎年20%増だという。

「利用者は半数が子育て中の共働き世帯で、単身者と専業主婦世帯、シニア世帯がそれぞれ6分の1ずつを占めます。平日昼間の不在時に定期的に利用される方が多いです」(マーケティング課の服部祥子氏)

 一昔前は、水回りや台所の掃除や調理などが人気だったが、最近はサービスが細分化している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る