疲れた人と寂しい人のニーズ取り込む 代行サービス急成長

公開日: 更新日:

 たまの休日、気晴らしにどこかへ行きたい。でも、掃除や洗濯が……。共働き世帯にとって、たまった家事を週末にまとめてやるのはつらい。高齢者や単身者も、仕事をしながらの家事は、やっぱり大変だ。

 そんなニーズを受けて家事代行サービスが伸びている。経産省の推計によると、2012年に980億円の市場規模は、将来的に6000億円に膨らむという。

 たとえば、家事代行業者の一つベアーズは、利用件数は毎年20%増だという。

「利用者は半数が子育て中の共働き世帯で、単身者と専業主婦世帯、シニア世帯がそれぞれ6分の1ずつを占めます。平日昼間の不在時に定期的に利用される方が多いです」(マーケティング課の服部祥子氏)

 一昔前は、水回りや台所の掃除や調理などが人気だったが、最近はサービスが細分化している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る