既成概念を破ったアイスクリーム 売上高10年で1400億円増

公開日: 更新日:

 9日は「アイスクリームの日」なのをご存じか。1964年、東京五輪の年の連休明けだった5月9日に、東京アイスクリーム協会が、アイスクリームの販促キャンペーンを行ったことから、記念日に制定されたという。

 それから54年、アイスクリーム市場は右肩上がり。「アイスクリーム白書2017」(日本アイスクリーム協会)によると、昨年の販売金額は過去最高の5133億円に上る。10年で1400億円以上増えた計算だ。少子化で子供は減っているのに、アイス市場が急拡大しているのはなぜなのか。コンビニジャーナリストの吉岡秀子氏はこう言う。

「アイスクリームは、子供のためのおやつではありません。大人のスイーツとして種類が拡大。1個100円から500円まで幅広い。特に500円前後の高級品は、大人向けの“ご褒美”として定着しています。しかも、乳脂肪分やカルシウムなどが入っていて栄養価が高くても、それほど噛まずに食べられることから高齢者のニーズも高いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る