懐古主義ではなかった レコード人気すそ野拡大の原因

公開日: 更新日:

 CDすらネット配信に押されて売れなくなっているといわれる時代に、最も原始的なレコードの売り上げが伸びている。日本レコード協会の「日本のレコード産業2018」によると、17年のレコード生産量は前年比で133%となった。この傾向は昨年に限ったことではない。前年比の生産量をさかのぼると、16年は121%、15年は165%と着実に拡大してきている。

 これは日本特有の現象ではない。データ調査会社ニールセンによると、米国でのレコードセールスは12年連続で増加している。英国でも、16年のレコードの売り上げは過去25年で最高になったとされる(英国レコード産業協会調べ)。

 さては一部のオールドファンが、穏やかな風合いの音を求めて購入しているのかと思いきや、ちょっと事情が違うようだ。

 同協会の広報担当者は「アナログの音質を好む従来のオーディオ好きの方が購入しているだけではなく、新しいファン層も生まれています」と強調する。レコード盤を見たことも触ったこともなかったような若年層が、新しいメディアとしてレコードの存在を知り、すそ野が広がったという。単なる懐古主義ではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る