懐古主義ではなかった レコード人気すそ野拡大の原因

公開日: 更新日:

 CDすらネット配信に押されて売れなくなっているといわれる時代に、最も原始的なレコードの売り上げが伸びている。日本レコード協会の「日本のレコード産業2018」によると、17年のレコード生産量は前年比で133%となった。この傾向は昨年に限ったことではない。前年比の生産量をさかのぼると、16年は121%、15年は165%と着実に拡大してきている。

 これは日本特有の現象ではない。データ調査会社ニールセンによると、米国でのレコードセールスは12年連続で増加している。英国でも、16年のレコードの売り上げは過去25年で最高になったとされる(英国レコード産業協会調べ)。

 さては一部のオールドファンが、穏やかな風合いの音を求めて購入しているのかと思いきや、ちょっと事情が違うようだ。

 同協会の広報担当者は「アナログの音質を好む従来のオーディオ好きの方が購入しているだけではなく、新しいファン層も生まれています」と強調する。レコード盤を見たことも触ったこともなかったような若年層が、新しいメディアとしてレコードの存在を知り、すそ野が広がったという。単なる懐古主義ではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る