懐古主義ではなかった レコード人気すそ野拡大の原因

公開日:

 CDすらネット配信に押されて売れなくなっているといわれる時代に、最も原始的なレコードの売り上げが伸びている。日本レコード協会の「日本のレコード産業2018」によると、17年のレコード生産量は前年比で133%となった。この傾向は昨年に限ったことではない。前年比の生産量をさかのぼると、16年は121%、15年は165%と着実に拡大してきている。

 これは日本特有の現象ではない。データ調査会社ニールセンによると、米国でのレコードセールスは12年連続で増加している。英国でも、16年のレコードの売り上げは過去25年で最高になったとされる(英国レコード産業協会調べ)。

 さては一部のオールドファンが、穏やかな風合いの音を求めて購入しているのかと思いきや、ちょっと事情が違うようだ。

 同協会の広報担当者は「アナログの音質を好む従来のオーディオ好きの方が購入しているだけではなく、新しいファン層も生まれています」と強調する。レコード盤を見たことも触ったこともなかったような若年層が、新しいメディアとしてレコードの存在を知り、すそ野が広がったという。単なる懐古主義ではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る