• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

翔栄クリエイト・宇佐神慎社長が語る知識に頼らない生き方

 オフィスデザインの設計・施工を手掛ける翔栄クリエイトは創業21年。宇佐神慎社長は、茨城キリスト教大卒で牧師の資格を持つ異色のトップ。自宅にあるスチール製の本棚には整然と本が並ぶ(写真左)。10年ほど前に、「通販で買って、自分で組み立てた」と笑う。どんな本が置いてあるのか、本棚をよくよく見ると――。

「一番上の棚は、赤いカバーのシリーズで、学研の“ムー”です。ご存じですか? 平安京の謎とか天照大神の謎とか、古代史をテーマにした歴史秘話本がズラリ。ノアの箱舟や全地球水没モノも見えます。ハハハ、このジャンルは中学生のころから大好きです。

 真ん中の棚が古事記モノ。日本の古代史関連といった方がいいかな。ムーシリーズよりは専門的で、これも次から次へ片っ端から読みました。

 そしてその下は聖書です。ええ、全部そう。いま、聖書だけでざっと10冊は持ってます。カバンに入れてあるし、会社のデスクにも置いてある。スマホには日本語訳と英語版が入ってます。時間があれば聖書を読みます。ハイ、おかげで他の本を読む暇がないくらい。一応、牧師ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る