• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロフェリ社長・澤村昭夫さんは「新釈菜根譚」を重読

 プロフェリエは、パソナグループの一社。“個人にも、プロを”をコンセプトに、スタイリストやヘルスコーチ、公認会計士など、ファッション、健康、ビジネス、ライフデザインといった幅広い分野の専門家約150人と、無料登録できる個人会員とをつなぐ。会員はマンツーマンでプロの指導・助言を有料で受けられる。

 結婚相手紹介サービスの「ツヴァイ」や、日本橋三越本店、銀座三越とも提携。前者はパーソナルな婚活支援などで、後者はファッションや美容で、それぞれの顧客と専門家をマッチングしている。

 この事業を社内ベンチャー制度で提案し、昨年4月に社長に就任したのが澤村さんだ。読書は、通読、精読、重読の3つの読み方を使い分けている。

「通読するのは、トレンドをキャッチするのが目的で事業構想大学院大学の『月刊事業構想』、書籍ダイジェストサービスから配信される『セレンディップ』など。精読する本は、何度か読んで特定の分野のことをインプットするためのもので、経営者、専門家、学者の本が多い。著者の講演やセミナーがあれば、それにも参加して、書籍を読むだけでは分からない点を解消し、理解を深めるようにしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る