プロフェリ社長・澤村昭夫さんは「新釈菜根譚」を重読

公開日: 更新日:

 プロフェリエは、パソナグループの一社。“個人にも、プロを”をコンセプトに、スタイリストやヘルスコーチ、公認会計士など、ファッション、健康、ビジネス、ライフデザインといった幅広い分野の専門家約150人と、無料登録できる個人会員とをつなぐ。会員はマンツーマンでプロの指導・助言を有料で受けられる。

 結婚相手紹介サービスの「ツヴァイ」や、日本橋三越本店、銀座三越とも提携。前者はパーソナルな婚活支援などで、後者はファッションや美容で、それぞれの顧客と専門家をマッチングしている。

 この事業を社内ベンチャー制度で提案し、昨年4月に社長に就任したのが澤村さんだ。読書は、通読、精読、重読の3つの読み方を使い分けている。

「通読するのは、トレンドをキャッチするのが目的で事業構想大学院大学の『月刊事業構想』、書籍ダイジェストサービスから配信される『セレンディップ』など。精読する本は、何度か読んで特定の分野のことをインプットするためのもので、経営者、専門家、学者の本が多い。著者の講演やセミナーがあれば、それにも参加して、書籍を読むだけでは分からない点を解消し、理解を深めるようにしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る