プロフェリ社長・澤村昭夫さんは「新釈菜根譚」を重読

公開日:

 プロフェリエは、パソナグループの一社。“個人にも、プロを”をコンセプトに、スタイリストやヘルスコーチ、公認会計士など、ファッション、健康、ビジネス、ライフデザインといった幅広い分野の専門家約150人と、無料登録できる個人会員とをつなぐ。会員はマンツーマンでプロの指導・助言を有料で受けられる。

 結婚相手紹介サービスの「ツヴァイ」や、日本橋三越本店、銀座三越とも提携。前者はパーソナルな婚活支援などで、後者はファッションや美容で、それぞれの顧客と専門家をマッチングしている。

 この事業を社内ベンチャー制度で提案し、昨年4月に社長に就任したのが澤村さんだ。読書は、通読、精読、重読の3つの読み方を使い分けている。

「通読するのは、トレンドをキャッチするのが目的で事業構想大学院大学の『月刊事業構想』、書籍ダイジェストサービスから配信される『セレンディップ』など。精読する本は、何度か読んで特定の分野のことをインプットするためのもので、経営者、専門家、学者の本が多い。著者の講演やセミナーがあれば、それにも参加して、書籍を読むだけでは分からない点を解消し、理解を深めるようにしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る