• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菅直人氏も危惧 若者の読書離れで「知性格差社会」が進む

 なんと半数超え――。全国大学生活協同組合連合会が発表した大学生の読書時間の調査にギョッとした人もいるだろう。

 1日の読書時間が「0分」と答えた学生が53.1%に達し、初めて半数を超えた。2人に1人以上がまったく本を読まないのだ。

 なぜこうなるのか。作家で社会学者の岳真也氏に聞いた。

「私も大学で教えていて、つい3、4年前は教室で文庫本を読んでいる学生を見かけたものです。ところが最近はみんながスマホをいじり、読書派はゼロ。文学的好奇心が薄れてしまいました。これは社会にとってマイナスです。たとえば小説は登場人物の心の機微に触れることで、他人の気持ちを斟酌できるようになるテキストみたいなもの。読書離れで幅広い感受性を養うことができなくなるのは嘆かわしいことです」

 ルポや歴史書なども同じ。若者は他人の生き方に接することによって、人格が形成されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る