菅直人氏も危惧 若者の読書離れで「知性格差社会」が進む

公開日:

 なんと半数超え――。全国大学生活協同組合連合会が発表した大学生の読書時間の調査にギョッとした人もいるだろう。

 1日の読書時間が「0分」と答えた学生が53.1%に達し、初めて半数を超えた。2人に1人以上がまったく本を読まないのだ。

 なぜこうなるのか。作家で社会学者の岳真也氏に聞いた。

「私も大学で教えていて、つい3、4年前は教室で文庫本を読んでいる学生を見かけたものです。ところが最近はみんながスマホをいじり、読書派はゼロ。文学的好奇心が薄れてしまいました。これは社会にとってマイナスです。たとえば小説は登場人物の心の機微に触れることで、他人の気持ちを斟酌できるようになるテキストみたいなもの。読書離れで幅広い感受性を養うことができなくなるのは嘆かわしいことです」

 ルポや歴史書なども同じ。若者は他人の生き方に接することによって、人格が形成されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る