菅直人氏も危惧 若者の読書離れで「知性格差社会」が進む

公開日: 更新日:

 なんと半数超え――。全国大学生活協同組合連合会が発表した大学生の読書時間の調査にギョッとした人もいるだろう。

 1日の読書時間が「0分」と答えた学生が53.1%に達し、初めて半数を超えた。2人に1人以上がまったく本を読まないのだ。

 なぜこうなるのか。作家で社会学者の岳真也氏に聞いた。

「私も大学で教えていて、つい3、4年前は教室で文庫本を読んでいる学生を見かけたものです。ところが最近はみんながスマホをいじり、読書派はゼロ。文学的好奇心が薄れてしまいました。これは社会にとってマイナスです。たとえば小説は登場人物の心の機微に触れることで、他人の気持ちを斟酌できるようになるテキストみたいなもの。読書離れで幅広い感受性を養うことができなくなるのは嘆かわしいことです」

 ルポや歴史書なども同じ。若者は他人の生き方に接することによって、人格が形成されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る