菅直人氏も危惧 若者の読書離れで「知性格差社会」が進む

公開日:

 なんと半数超え――。全国大学生活協同組合連合会が発表した大学生の読書時間の調査にギョッとした人もいるだろう。

 1日の読書時間が「0分」と答えた学生が53.1%に達し、初めて半数を超えた。2人に1人以上がまったく本を読まないのだ。

 なぜこうなるのか。作家で社会学者の岳真也氏に聞いた。

「私も大学で教えていて、つい3、4年前は教室で文庫本を読んでいる学生を見かけたものです。ところが最近はみんながスマホをいじり、読書派はゼロ。文学的好奇心が薄れてしまいました。これは社会にとってマイナスです。たとえば小説は登場人物の心の機微に触れることで、他人の気持ちを斟酌できるようになるテキストみたいなもの。読書離れで幅広い感受性を養うことができなくなるのは嘆かわしいことです」

 ルポや歴史書なども同じ。若者は他人の生き方に接することによって、人格が形成されるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る