ゲオホールディングス遠藤結蔵社長 新幹線は“読書タイム”

公開日:

 テレビっ子で、映画やマンガ、アニメもよく見ていたというゲオホールディングス社長の遠藤結蔵さん(40)。それで耳や目に印象が残ったりすれば、「じゃあ、ついでに本も読んでみようかな」となるパターンが多かったという。

「角川映画世代だったんですが、『犬神家の一族』も、映画を見た後に、活字だとどうだろう? と思って買いました。それがきっかけで横溝正史の本を次々に読みました。角川さんの戦略にハマってしまったってことです」

 本社は名古屋にあり、週に1回は東京に出張する。往復の新幹線は読書タイムだ。

「東京―名古屋の片道2時間が、とても有効なんです。いろいろと読みますが、新書なら1冊読めちゃいますからね」

 40歳という若さから本はネット購入かと思いきや、「何が売れているかを本屋でチェックして、面白そうなものが見つかると、すぐに買う」というアナログ派。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る