ゲオホールディングス遠藤結蔵社長 新幹線は“読書タイム”

公開日: 更新日:

 テレビっ子で、映画やマンガ、アニメもよく見ていたというゲオホールディングス社長の遠藤結蔵さん(40)。それで耳や目に印象が残ったりすれば、「じゃあ、ついでに本も読んでみようかな」となるパターンが多かったという。

「角川映画世代だったんですが、『犬神家の一族』も、映画を見た後に、活字だとどうだろう? と思って買いました。それがきっかけで横溝正史の本を次々に読みました。角川さんの戦略にハマってしまったってことです」

 本社は名古屋にあり、週に1回は東京に出張する。往復の新幹線は読書タイムだ。

「東京―名古屋の片道2時間が、とても有効なんです。いろいろと読みますが、新書なら1冊読めちゃいますからね」

 40歳という若さから本はネット購入かと思いきや、「何が売れているかを本屋でチェックして、面白そうなものが見つかると、すぐに買う」というアナログ派。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る