効能がありそう! 茶色の湯の花が浮かぶ横向温泉の開放感

公開日: 更新日:

 混浴は歴史的に古い温泉場に多いと以前書きました。それはもともと“混浴が基本”だったから。男女別になったのは明治時代からだそうです。今は逆に新しい混浴風呂は法律でつくれないそうですから、貴重なんですね。

 だからでしょうか、混浴だけ、あるいは混浴と女湯だけという温泉場が少なくありません。もともと混浴しかなかったところに、女湯だけ足したのでしょうか。

 福島県の安達太良山の麓にある横向温泉「中の湯旅館」もそのスタイルでした。建物は見るからに年季が入っていて、良く言えば“ひなびた”、率直に言えば“ボロっちい”、素泊まりのみの湯治宿。50メートルくらいある廊下に沿って小さな部屋がズラッと並び、奥には自炊用の台所がありました。

 ラグジュアリー感はゼロですが、お風呂は源泉かけ流しで24時間入れます。脱衣所は男女別で、男性の脱衣所は混浴内湯に、女性の脱衣所は女湯内湯につながっていて、女性が混浴内湯に入りたい場合は一度女湯を通ってこなければなりません。女湯内湯の片隅に混浴内湯に通じる小さな格子扉がついていて、そこから出入りします。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る