• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

継続雇用か退職か…失業保険と年金の両方を手に入れるワザ

 65歳定年制への移行が進んでいる。厚生労働省の「平成29年就労条件総合調査結果の概況」によると、「60歳定年」の企業は79.3%、同「65歳定年」は16.4%。さらに公務員も65歳定年へ動き出した。今後、この世代にはあまたの問題が降りかかり、選択と決断の日々がやってくる。事前に考えておくべきことは――。

 8割の企業が60歳定年だ。大企業では50歳を過ぎるとセミナーが開かれ、最初の意思表明を問われる。55歳で再び継続雇用か退職かの自己申告をさせられる――。これが一般的。中小企業は、少しのんびりしていて、58~59歳あたりで打診されるといったところ。

 道は真っ二つ。どっちを選ぶのが正解か。年金問題に詳しいFPの山崎俊輔氏がこう言う。

「まず、最悪なのは“60歳定年を働き方の終わり”と考えてしまうこと。なぜかというと、年金が満額もらえる65歳までの5年間を無収入で過ごすわけで、仮に夫婦2人で年間400万円で暮らした場合、2000万円が吹っ飛ぶ。退職金がほぼゼロになってしまいます。ベターなのは、継続雇用で“今の会社に居続ける”こと。給料が下がってもおとなしく働き、65歳まで退職金には手を付けない。給料が下がった分、5時で帰れたり、週4日勤務だったりするわけで、年金が満額もらえるまでのソフトランディング期間にするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る