継続雇用か退職か…失業保険と年金の両方を手に入れるワザ

公開日:

 65歳定年制への移行が進んでいる。厚生労働省の「平成29年就労条件総合調査結果の概況」によると、「60歳定年」の企業は79.3%、同「65歳定年」は16.4%。さらに公務員も65歳定年へ動き出した。今後、この世代にはあまたの問題が降りかかり、選択と決断の日々がやってくる。事前に考えておくべきことは――。

 8割の企業が60歳定年だ。大企業では50歳を過ぎるとセミナーが開かれ、最初の意思表明を問われる。55歳で再び継続雇用か退職かの自己申告をさせられる――。これが一般的。中小企業は、少しのんびりしていて、58~59歳あたりで打診されるといったところ。

 道は真っ二つ。どっちを選ぶのが正解か。年金問題に詳しいFPの山崎俊輔氏がこう言う。

「まず、最悪なのは“60歳定年を働き方の終わり”と考えてしまうこと。なぜかというと、年金が満額もらえる65歳までの5年間を無収入で過ごすわけで、仮に夫婦2人で年間400万円で暮らした場合、2000万円が吹っ飛ぶ。退職金がほぼゼロになってしまいます。ベターなのは、継続雇用で“今の会社に居続ける”こと。給料が下がってもおとなしく働き、65歳まで退職金には手を付けない。給料が下がった分、5時で帰れたり、週4日勤務だったりするわけで、年金が満額もらえるまでのソフトランディング期間にするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る