継続雇用か退職か…失業保険と年金の両方を手に入れるワザ

公開日:

 65歳定年制への移行が進んでいる。厚生労働省の「平成29年就労条件総合調査結果の概況」によると、「60歳定年」の企業は79.3%、同「65歳定年」は16.4%。さらに公務員も65歳定年へ動き出した。今後、この世代にはあまたの問題が降りかかり、選択と決断の日々がやってくる。事前に考えておくべきことは――。

 8割の企業が60歳定年だ。大企業では50歳を過ぎるとセミナーが開かれ、最初の意思表明を問われる。55歳で再び継続雇用か退職かの自己申告をさせられる――。これが一般的。中小企業は、少しのんびりしていて、58~59歳あたりで打診されるといったところ。

 道は真っ二つ。どっちを選ぶのが正解か。年金問題に詳しいFPの山崎俊輔氏がこう言う。

「まず、最悪なのは“60歳定年を働き方の終わり”と考えてしまうこと。なぜかというと、年金が満額もらえる65歳までの5年間を無収入で過ごすわけで、仮に夫婦2人で年間400万円で暮らした場合、2000万円が吹っ飛ぶ。退職金がほぼゼロになってしまいます。ベターなのは、継続雇用で“今の会社に居続ける”こと。給料が下がってもおとなしく働き、65歳まで退職金には手を付けない。給料が下がった分、5時で帰れたり、週4日勤務だったりするわけで、年金が満額もらえるまでのソフトランディング期間にするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る