71歳の女性客感激 米レストラン「母の日」サプライズとは

公開日:

「母の日」の13日、米サウスカロライナ州の小さな町ミュレルズインレットに住むバーバラ・フォイさん(71)は、1人寂しい気分で過ごしていた。夫とは数年前に死別。母の日だというのに、同州に住んでいる1人息子のブレインさんからは電話もなかった。

 バーバラさんはおいしいものでも食べて気持ちを切り替えようと、近所のレストラン「ルビー・チューズデー」へ食事に出かけた。

 地元テレビ局WBMF(14日付電子版)によると、バーバラさんが母の日を祝ってもらえず、1人で食事をしていることをウエートレスの1人が知り、元気付けるためにスタッフ一同でサプライズを計画。近所の店であれこれ買ってギフトバッグを作ってプレゼントし、客の1人からバラの花を渡してもらった。さらに食事代まで店が持って「母の日」を祝ったという。

 米紙USAトゥデー(14日付電子版)に、バーバラさんは「私のことを知らないのに、ただ店で座っていた私に、女の子たちがこんなことをしてくれて。彼女たちの親切で、本当に気持ちが明るくなりました。こんなことをしてくれるなんて信じられない」と感激を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る