定年後の死亡保障は500万円で十分 医療費貯蓄は年10万円を

公開日: 更新日:

 サラリーマンが定年を迎える60~65歳は、生命保険の見直しの絶好のタイミングだ。

 家庭では子どもの大学卒業↓独立の時期に重なる。これまでのように大黒柱が倒れた時の備えは減らしてもいいし、年金生活目前で現金の貯蓄を増やすべき時期だからだ。

 実際、この世代の保険料の支払額は他の世代よりずっと多い。生命保険文化センターが実施した「生命保険に関する全国実態調査」によると、世帯あたりの年間払込保険料は平均38・5万円(全年齢)。最も多いのは50代で、“50代後半”は約49万円(月額約4万円)、“60代前半”は約43万円(月額約3万6000円)だった。定年後もこの出費は続くとなると家計へのダメージは少なくない。「かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK」の著者でファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る