定年後の死亡保障は500万円で十分 医療費貯蓄は年10万円を

公開日: 更新日:

 サラリーマンが定年を迎える60~65歳は、生命保険の見直しの絶好のタイミングだ。

 家庭では子どもの大学卒業↓独立の時期に重なる。これまでのように大黒柱が倒れた時の備えは減らしてもいいし、年金生活目前で現金の貯蓄を増やすべき時期だからだ。

 実際、この世代の保険料の支払額は他の世代よりずっと多い。生命保険文化センターが実施した「生命保険に関する全国実態調査」によると、世帯あたりの年間払込保険料は平均38・5万円(全年齢)。最も多いのは50代で、“50代後半”は約49万円(月額約4万円)、“60代前半”は約43万円(月額約3万6000円)だった。定年後もこの出費は続くとなると家計へのダメージは少なくない。「かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK」の著者でファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る