定年後の死亡保障は500万円で十分 医療費貯蓄は年10万円を

公開日:

 サラリーマンが定年を迎える60~65歳は、生命保険の見直しの絶好のタイミングだ。

 家庭では子どもの大学卒業↓独立の時期に重なる。これまでのように大黒柱が倒れた時の備えは減らしてもいいし、年金生活目前で現金の貯蓄を増やすべき時期だからだ。

 実際、この世代の保険料の支払額は他の世代よりずっと多い。生命保険文化センターが実施した「生命保険に関する全国実態調査」によると、世帯あたりの年間払込保険料は平均38・5万円(全年齢)。最も多いのは50代で、“50代後半”は約49万円(月額約4万円)、“60代前半”は約43万円(月額約3万6000円)だった。定年後もこの出費は続くとなると家計へのダメージは少なくない。「かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK」の著者でファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る