年金は65歳から受け取るべき? 受給を増やす3つの制度

公開日: 更新日:

 老後の生活設計で、収入の柱となるのが年金だ。「厚生年金保険・国民年金事業の概況」(2016年度末)によると、厚生年金受給者の平均年金月額は14万8000円。決して十分な金額とはいえないが、これなしで暮らしていける富裕層はごくわずかだ。

 実際、65歳になっても年金を受け取らない「繰り下げ受給」を選んだ人は、たったの1・2%しかいない。後で受け取れば支給額が上がると分かっていても、目の前の生活でアップアップになっていれば、選択の余地はない。毎年のように改悪される制度への不信感も、「もらえるうちにもらっておこう」という結論を導きやすいだろう。

 だが、15年の国勢調査を基に作成された第22回生命表によると、65歳の平均余命は19・41歳だ。現在65歳の人は、84歳まで生きられることになる。そこから考えれば、大半の人は繰り下げ受給をした方が得だろう。最長の70歳まで受け取り時期を遅らせれば、支給額は42%増額される。その場合、82歳まで生きれば、65歳から受給した総額を上回るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る