退職後の健康保険は「任意継続」と「国保」どっちがお得?

公開日: 更新日:

 退職金は一時金で一括で受け取るより、年金でもらう方がお得? この常識は今では通用しない。

 厚労省によると、退職金の平均額は、大卒1941万円、高卒1673万円(2013年調査)。大学を出てずっと同じ会社で定年まで働いた人は、おおよそ2000万円程度の退職金となる。

 もし仮に年金の運用利率がバブル期の4%台なら迷わず年金を選択すべきだが、現在は企業によっても違うが1~2%がほとんど。これだと、その後の雇用継続でそれなりの収入があると、税金の負担がある。

 一方、一時金で受け取る退職金には退職所得控除が適用されるため、38年勤務の場合は2060万円まで非課税。手取り額は一時金の方が上回るのだ。

 ところで、60歳以降に再就職が決まった人には国からの給付金がある。雇用継続で同じ会社に嘱託などで残った場合、給与は現役時より大幅に下がるものだが、転職でも75%未満になるような場合は、「高年齢雇用継続給付」が受け取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  8. 8

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  9. 9

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る