読解力低下に改善策あり 子供の「読書嫌い」は親のせい?

公開日:

 子どもの読解力が低下しているという。書店にはそんな警鐘を鳴らす本がズラリと並ぶため、「何とか本を読ませよう」と思う親は少なくないだろう。

 だが、口酸っぱく「本を読みなさい」とたしなめても、面白そうな本を与えても、子どもは一向に本を読まなくて……。読書癖がつかないことを悩む親も多いという。なぜ子どもは本を読まなくなったのか。教育ジャーナリストの、おおたとしまさ氏は「子どもの読書経験は親の態度による」としてこう言う。

「親が本を読まずにスマホばかりいじっていれば、子どもがそうなるのは当たり前。本を読んでほしいと思うなら、親が本を読むのが前提です。それが毎日の習慣のようになれば、子どもはおのずと本を手に取るようになると思います」

 親が本を読まないのに、子どもが本を読むはずがない。子どもの読書嫌いは親のせいというわけだが、ほかにも読書嫌いを改善するポイントがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る