• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

読解力低下に改善策あり 子供の「読書嫌い」は親のせい?

 子どもの読解力が低下しているという。書店にはそんな警鐘を鳴らす本がズラリと並ぶため、「何とか本を読ませよう」と思う親は少なくないだろう。

 だが、口酸っぱく「本を読みなさい」とたしなめても、面白そうな本を与えても、子どもは一向に本を読まなくて……。読書癖がつかないことを悩む親も多いという。なぜ子どもは本を読まなくなったのか。教育ジャーナリストの、おおたとしまさ氏は「子どもの読書経験は親の態度による」としてこう言う。

「親が本を読まずにスマホばかりいじっていれば、子どもがそうなるのは当たり前。本を読んでほしいと思うなら、親が本を読むのが前提です。それが毎日の習慣のようになれば、子どもはおのずと本を手に取るようになると思います」

 親が本を読まないのに、子どもが本を読むはずがない。子どもの読書嫌いは親のせいというわけだが、ほかにも読書嫌いを改善するポイントがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事