• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

杉村太蔵さん<5>国体優勝のテニス経験が仕事では役立った

「証券の仕事は楽しかったですよ~。最初は、株も為替もちんぷんかんぷんだったけど、毎日“もっと分かるようになりたい”と思ってた。それは、先輩たちがキラキラ輝いて見えたから。プレゼンする姿がカッコ良くてね~。憧れました。自分も一日も早くアナリストになりたいと。私ね、あのまま仕事を続けていたら、日本を代表する証券マンになってたんじゃないかと思います。ええ、それくらい夢中になれた仕事でした」

 猪突猛進タイプで、こうと決めたら突っ走る。そうやって仕事に溶け込んでいくのを手助けしたのが、ほかならぬテニスだった。

「入社後、半年くらい経って、ある先輩が“テニス上手なんだって?”と声を掛けてきた。“ええ、まあ”“じゃあ、一緒にやろう”と、トントン拍子に話がまとまって。ただね~、自分で言うのもなんですが、私は国体で優勝してますから! 腕が違いますよ。ハハハ。調子に乗って、先輩たちの前で“コートの上では私が先生です!”な~んて宣言して、コーチしてあげてました。メンバーは、他部署の人や外国人も入れて15人ほど。毎月2回、松戸のテニスクラブでね。練習の後には飲み会があって、さらに親しくなれた。仕事で何人ものテニス仲間に大いにサポートしてもらうようになるのに、テニス経験は本当に役立ちました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る