杉村太蔵さん<5>国体優勝のテニス経験が仕事では役立った

公開日:

「証券の仕事は楽しかったですよ~。最初は、株も為替もちんぷんかんぷんだったけど、毎日“もっと分かるようになりたい”と思ってた。それは、先輩たちがキラキラ輝いて見えたから。プレゼンする姿がカッコ良くてね~。憧れました。自分も一日も早くアナリストになりたいと。私ね、あのまま仕事を続けていたら、日本を代表する証券マンになってたんじゃないかと思います。ええ、それくらい夢中になれた仕事でした」

 猪突猛進タイプで、こうと決めたら突っ走る。そうやって仕事に溶け込んでいくのを手助けしたのが、ほかならぬテニスだった。

「入社後、半年くらい経って、ある先輩が“テニス上手なんだって?”と声を掛けてきた。“ええ、まあ”“じゃあ、一緒にやろう”と、トントン拍子に話がまとまって。ただね~、自分で言うのもなんですが、私は国体で優勝してますから! 腕が違いますよ。ハハハ。調子に乗って、先輩たちの前で“コートの上では私が先生です!”な~んて宣言して、コーチしてあげてました。メンバーは、他部署の人や外国人も入れて15人ほど。毎月2回、松戸のテニスクラブでね。練習の後には飲み会があって、さらに親しくなれた。仕事で何人ものテニス仲間に大いにサポートしてもらうようになるのに、テニス経験は本当に役立ちました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る