杉村太蔵さん<5>国体優勝のテニス経験が仕事では役立った

公開日:

「証券の仕事は楽しかったですよ~。最初は、株も為替もちんぷんかんぷんだったけど、毎日“もっと分かるようになりたい”と思ってた。それは、先輩たちがキラキラ輝いて見えたから。プレゼンする姿がカッコ良くてね~。憧れました。自分も一日も早くアナリストになりたいと。私ね、あのまま仕事を続けていたら、日本を代表する証券マンになってたんじゃないかと思います。ええ、それくらい夢中になれた仕事でした」

 猪突猛進タイプで、こうと決めたら突っ走る。そうやって仕事に溶け込んでいくのを手助けしたのが、ほかならぬテニスだった。

「入社後、半年くらい経って、ある先輩が“テニス上手なんだって?”と声を掛けてきた。“ええ、まあ”“じゃあ、一緒にやろう”と、トントン拍子に話がまとまって。ただね~、自分で言うのもなんですが、私は国体で優勝してますから! 腕が違いますよ。ハハハ。調子に乗って、先輩たちの前で“コートの上では私が先生です!”な~んて宣言して、コーチしてあげてました。メンバーは、他部署の人や外国人も入れて15人ほど。毎月2回、松戸のテニスクラブでね。練習の後には飲み会があって、さらに親しくなれた。仕事で何人ものテニス仲間に大いにサポートしてもらうようになるのに、テニス経験は本当に役立ちました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る