• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
ドロンズ石本
著者のコラム一覧
ドロンズ石本タレント

食レポに俳優とマルチに活躍中のタレント。ラーメン食べ歩き番組のMCも務める食通で、飲食店「馬肉屋たけし」のオーナーでもある。

【濃厚鶏そば真白】トロットロの白湯スープが格別の人気店

 さ~今回はちょっとしたブームの鶏白湯の人気店ですよ~。東京は西武新宿線の野方駅から歩いて1分、ラーメン街道環七のすぐ近くにある濃厚鶏そば真白さんです。人気店とあって、あえてランチ時を外して行ったのですが、カウンターはほぼ満席。そしてテーブル席2席ともども、とてもきれいであります。

 券売機でさっそく人気の特製鶏白湯そば950円をチョイスして、カウンターの止まり木へ。ラーメンを待っている間も、厨房から鶏チャーシューをあぶる香りが流れてきて、それだけで期待値がグングン上がる上がる! さらに待ってましたの丼を見て「おぉ~」とうなっちゃいましたよ。芸術のような見事な盛り付けじゃありませんか。お盆と正月が一度に来たような衝撃だよ~。

 そのスープはというと、れんげですくえばトロットロの濃厚で、スープを持ち上げるといったほうがいいくらい。それをフーフーしてからすすると、口の中いっぱいに鶏のうま味と風味が広がって、ぜいたく感満載なんです。こちらでは、八王子ラーメンのように刻んだタマネギがのっていて、れんげでスープと一緒に食べるとほど良い甘味とシャキシャキ感が濃厚な味にアクセントをつけ、また一段とおいしさが増します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る