浅野史郎さん<3>2人がいたからなし得た年金大改正の思い出

公開日:

 米国留学から帰国すると、環境庁自然保護局企画調整課へ。1956年に水俣病が発見されてから、公害対策の意識が高まり、1971年に環境庁が新設された。

「僕が赴任したのは新設3年目の74年。できたばかりですから、メンバーは各省庁からの寄せ集めでした。ある時、局をまたぐ会議があり、先輩が『わが社としては』と切り出した。霞が関用語で『わが社』とは、発言者が所属する省を指します。出向の身分とはいえ、先輩の“現住所”は環境庁ですから、環境庁としての言い分を話すのが普通ですが、違いました。出向元の建設省としての意見だったのです」

 心の中で「“親元”のことは忘れて働くべきだ」と憤慨したという。上司を通じて学ぶところはなかったが、楽しく過ごしていた。

「自治省から出向していた1歳下の仲間とはウマがあって、毎晩のように新橋や虎ノ門で飲んでいました。おカネ? 留学中の生活費は在外研修手当で賄いますが、それとは別に日本での給与が手つかずのまま積み上がっていきます。その“貯金”で、飲み歩けました。支払いは僕持ち。オゴリです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る