• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅野史郎さん<3>2人がいたからなし得た年金大改正の思い出

 米国留学から帰国すると、環境庁自然保護局企画調整課へ。1956年に水俣病が発見されてから、公害対策の意識が高まり、1971年に環境庁が新設された。

「僕が赴任したのは新設3年目の74年。できたばかりですから、メンバーは各省庁からの寄せ集めでした。ある時、局をまたぐ会議があり、先輩が『わが社としては』と切り出した。霞が関用語で『わが社』とは、発言者が所属する省を指します。出向の身分とはいえ、先輩の“現住所”は環境庁ですから、環境庁としての言い分を話すのが普通ですが、違いました。出向元の建設省としての意見だったのです」

 心の中で「“親元”のことは忘れて働くべきだ」と憤慨したという。上司を通じて学ぶところはなかったが、楽しく過ごしていた。

「自治省から出向していた1歳下の仲間とはウマがあって、毎晩のように新橋や虎ノ門で飲んでいました。おカネ? 留学中の生活費は在外研修手当で賄いますが、それとは別に日本での給与が手つかずのまま積み上がっていきます。その“貯金”で、飲み歩けました。支払いは僕持ち。オゴリです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る