曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Cafe Tokiona(天満)ノスタルジックな空間でカフェ&人気ランチ

公開日:  更新日:

 有名アーティストが訪れるなど常に話題にのぼるのが天満にある「カフェ トキオナ」だ。トキオナとは、バスク語で気持ちのいい場所の意。その名の通り、ゆったりとくつろげる空間がウリである。

「テーマはノスタルジック」というだけに、国や世代にこだわらず懐かしさを覚えるものがあふれている。例えば、壁紙はベルギーからの取り寄せだし、使われているテーブルは昔のミシンを土台にして手作りしたものだ。

「昭和の食べ物を若い人たちに体験させたい」と、メニューは太麺ナポリタンや特製トルコライス(ともに900円)と昭和っぽいムードたっぷり。加えて厚さ5センチのトーストは、がっつり系モーニングとして評判を呼んでいる。ちなみに7~10時30分(LO)のモーニングは、コーヒーや紅茶(ともに450円)に好みのトーストを注文するシステム。シンプルなバタートースト(プラス100円)や大人のマヨトースト(プラス350円)などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る