• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Cafe Tokiona(天満)ノスタルジックな空間でカフェ&人気ランチ

 有名アーティストが訪れるなど常に話題にのぼるのが天満にある「カフェ トキオナ」だ。トキオナとは、バスク語で気持ちのいい場所の意。その名の通り、ゆったりとくつろげる空間がウリである。

「テーマはノスタルジック」というだけに、国や世代にこだわらず懐かしさを覚えるものがあふれている。例えば、壁紙はベルギーからの取り寄せだし、使われているテーブルは昔のミシンを土台にして手作りしたものだ。

「昭和の食べ物を若い人たちに体験させたい」と、メニューは太麺ナポリタンや特製トルコライス(ともに900円)と昭和っぽいムードたっぷり。加えて厚さ5センチのトーストは、がっつり系モーニングとして評判を呼んでいる。ちなみに7~10時30分(LO)のモーニングは、コーヒーや紅茶(ともに450円)に好みのトーストを注文するシステム。シンプルなバタートースト(プラス100円)や大人のマヨトースト(プラス350円)などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る