• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Cafe Tokiona(天満)ノスタルジックな空間でカフェ&人気ランチ

 有名アーティストが訪れるなど常に話題にのぼるのが天満にある「カフェ トキオナ」だ。トキオナとは、バスク語で気持ちのいい場所の意。その名の通り、ゆったりとくつろげる空間がウリである。

「テーマはノスタルジック」というだけに、国や世代にこだわらず懐かしさを覚えるものがあふれている。例えば、壁紙はベルギーからの取り寄せだし、使われているテーブルは昔のミシンを土台にして手作りしたものだ。

「昭和の食べ物を若い人たちに体験させたい」と、メニューは太麺ナポリタンや特製トルコライス(ともに900円)と昭和っぽいムードたっぷり。加えて厚さ5センチのトーストは、がっつり系モーニングとして評判を呼んでいる。ちなみに7~10時30分(LO)のモーニングは、コーヒーや紅茶(ともに450円)に好みのトーストを注文するシステム。シンプルなバタートースト(プラス100円)や大人のマヨトースト(プラス350円)などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る