• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界中が称賛 貧しい子供たちに捧げた米女性教師の“遺言”

 58歳で亡くなった米国の女性教師に称賛と追悼の声が集まっている。

 ABCニューズ(26日付電子版)によると、米ジョージア州フォーサイス郡で約30年間、小学校の教師を務めたタミー・ワッデルさんは今月9日、胃がんのために58歳で亡くなった。

 2003年には同郡の「最優秀小学校教諭」に選ばれたこともあるワッデルさんは生前、「私が亡くなったら、葬儀には花の代わりに、貧しい家庭の子供たちのために、バックパックに文房具や教材を詰めて持ってきて」と遺言。

 葬儀には彼女が勤務した複数の小学校から約100人の教師がバックパックを手に参列。式が行われた教会の通路にずらりと並べられた。

 従兄弟のブラッド・ジョンソンさんが19日、その時の写真をツイッターに投稿。ワッデルさんの遺言を記すとともに、「最後まで教師でした」とその死を悼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る