• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“頼らなくなる”も特徴 妻の態度でわかる離婚準備のサイン

「嫌いになってきたら」「嫌い」――検索サイトに「ダンナ」と打ち込むと、出てくる関連ワードである。

「『ダンナが嫌いで仕方がない』というつぶやきは、ママたちの取材でもよく耳にします」

 そう話すのは、ママ取材を多数行うライターの田幸和歌子氏だ。浮気や借金など何らかのきっかけがあって愛想が尽きたわけじゃない。彼女たちの多くは「気づいた時には嫌いになっていた」というパターン。

「昔は気にならなかったのに、ダンナの口臭や体臭、癖などが妙に気になるようになり、『そういえば嫌いかも』と気づくケースも少なくありません」(田幸和歌子氏)

 ウチの嫁サンは大丈夫と思っている男性が、ほとんどかもしれない。それならアナタの妻は朝の出がけに玄関口で見送ってくれるだろうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る