• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“頼らなくなる”も特徴 妻の態度でわかる離婚準備のサイン

「嫌いになってきたら」「嫌い」――検索サイトに「ダンナ」と打ち込むと、出てくる関連ワードである。

「『ダンナが嫌いで仕方がない』というつぶやきは、ママたちの取材でもよく耳にします」

 そう話すのは、ママ取材を多数行うライターの田幸和歌子氏だ。浮気や借金など何らかのきっかけがあって愛想が尽きたわけじゃない。彼女たちの多くは「気づいた時には嫌いになっていた」というパターン。

「昔は気にならなかったのに、ダンナの口臭や体臭、癖などが妙に気になるようになり、『そういえば嫌いかも』と気づくケースも少なくありません」(田幸和歌子氏)

 ウチの嫁サンは大丈夫と思っている男性が、ほとんどかもしれない。それならアナタの妻は朝の出がけに玄関口で見送ってくれるだろうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る