“頼らなくなる”も特徴 妻の態度でわかる離婚準備のサイン

公開日:

「嫌いになってきたら」「嫌い」――検索サイトに「ダンナ」と打ち込むと、出てくる関連ワードである。

「『ダンナが嫌いで仕方がない』というつぶやきは、ママたちの取材でもよく耳にします」

 そう話すのは、ママ取材を多数行うライターの田幸和歌子氏だ。浮気や借金など何らかのきっかけがあって愛想が尽きたわけじゃない。彼女たちの多くは「気づいた時には嫌いになっていた」というパターン。

「昔は気にならなかったのに、ダンナの口臭や体臭、癖などが妙に気になるようになり、『そういえば嫌いかも』と気づくケースも少なくありません」(田幸和歌子氏)

 ウチの嫁サンは大丈夫と思っている男性が、ほとんどかもしれない。それならアナタの妻は朝の出がけに玄関口で見送ってくれるだろうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る