韓国第2の都市・釜山で楽しむプロ野球と辛ウマグルメの旅

公開日:  更新日:

 韓国第2の都市である釜山は、大阪に似ているといわれる。港があってメシがうまく、街は活気にあふれ、みな人懐っこい。そこは何度でも訪れたくなる場所だった。

■劇場のようなスタジアム

 釜山は日本から最も行きやすい外国のひとつだ。成田や関空といった主要都市の空港からは直行便が飛んでいるし、博多や下関からは高速船とフェリーも出ている。LCC「エアプサン」で行く手頃なツアーもあり、気楽に出かけられるところも魅力だ。

 しかも釜山市民はフレンドリーで、日本語を話せる若者が多いことにも驚かされる。釜山広域市観光振興課の木内徳子さんによると、「高校の授業で日本語を第2外国語に選択する生徒が多い」のだという。夜の屋台で知り合った若者も、「日本が好きだ」「東京で親切にしてもらった」などと熱く語るのだ。「歴史的にはいろいろあったけど、自分は日本をリスペクトしている」という30代の男性もいた。意外に親日なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る