• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本料理かわもと(岡本)料理界の有名人が自店をオープン

 長年あべの辻調で腕をふるっていた川本徹也さんが独立し、JR摂津本山駅前で割烹を開いた。

 川本さんは料理界ではかなりメジャーな存在。辻調理師専門学校時代には公邸料理人としてケニアの日本大使館でも仕事をしている。また97年~06年まで日本テレビ系で放送された「どっちの料理ショー」にもレギュラー出演し、関口宏・三宅裕司司会の番組内で料理を披露していた。

 川本さんは辻調を辞した後、鳥取の倉吉北高校調理科立ち上げに携わり、教壇に立っていた。そんな川本さんが満を持して開いたのが「日本料理かわもと」。自身の長年の夢を実現したことになる。

 同店は、原則的に予約制でカウンター10席、テーブル1つの小ぢんまりとした割烹。料理も夜は8000円コースのみ(昼は4800円のミニコースと3000円の松花堂がある)とシンプル。月替わりで内容が変わるとのことで、季節感あふれた美しい会席料理が楽しめる。日本料理の職人らしく、旬の食材に重きを置き、特に八寸には力を入れて作るそうで、「この中には珍しいものを入れたい」と語っている。「遊びすぎずに本格的な料理を供す」と言うが、中にはあっと驚く遊び心も忘れずに献立を作っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る