飲み屋街 新宿ゴールデン街で「こども食堂」開催のなぜ?

公開日:

 子供食堂が全国的に増えている。子供や保護者、地域の人たちに無料または安価で食事を提供。大勢で食事をとりながら交流できる場所で、その活動は主に地域の住民たちによってボランティアで開催される。

 活動の中身を知ると住宅街が中心と思うかもしれないが、昨年5月には新宿ゴールデン街にも「こども食堂」が登場。それ以来、ほぼ月1回のペースで開催されている。ゴールデン街は大人が楽しむディープな飲み屋街。海外の観光情報にも取り上げられ、外国人も目立つ。そんな街に、どんな子供たちが集まってくるのだろうか。主催者である「Barダーリン」のマスター・石川雄也さんに聞いた。

「参加者は、赤ちゃんから小学生くらいまでの子供が20~30人、その保護者が10~15人。ゴールデン街で働いている親とその子供や、近隣の人たちですね」

 食事会場となるのは、新宿ゴールデン街の中にあるバー5軒ほど。細長いカウンターに横並びで座って食事をとるのは、ゴールデン街ならではだろう。食事を終えた子供たちは、ゴールデン街の路地を走り回って遊ぶという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る