• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

飲み屋街 新宿ゴールデン街で「こども食堂」開催のなぜ?

 子供食堂が全国的に増えている。子供や保護者、地域の人たちに無料または安価で食事を提供。大勢で食事をとりながら交流できる場所で、その活動は主に地域の住民たちによってボランティアで開催される。

 活動の中身を知ると住宅街が中心と思うかもしれないが、昨年5月には新宿ゴールデン街にも「こども食堂」が登場。それ以来、ほぼ月1回のペースで開催されている。ゴールデン街は大人が楽しむディープな飲み屋街。海外の観光情報にも取り上げられ、外国人も目立つ。そんな街に、どんな子供たちが集まってくるのだろうか。主催者である「Barダーリン」のマスター・石川雄也さんに聞いた。

「参加者は、赤ちゃんから小学生くらいまでの子供が20~30人、その保護者が10~15人。ゴールデン街で働いている親とその子供や、近隣の人たちですね」

 食事会場となるのは、新宿ゴールデン街の中にあるバー5軒ほど。細長いカウンターに横並びで座って食事をとるのは、ゴールデン街ならではだろう。食事を終えた子供たちは、ゴールデン街の路地を走り回って遊ぶという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る