広東名菜「赤坂璃宮」オーナーシェフ・譚彦彬さんの巻<5>

公開日: 更新日:

トレフ・ミヤモト(東京・六本木)

■まるで小籠包…フォアグラとトリュフのコロッケ

 いろいろお店にお邪魔して気になるのは、食材の良し悪しや使い方ですよね。その点でいうと、東京・麻布十番にある天ぷら屋さんの「前平」さんは、面白い。

 一番興味を持ったのが小松菜の根っこです。そうそう、茶色いひげみたいな部分。スーパーで売られている小松菜は根っこが処理されていたり、ついていても切って捨てるでしょ。あの根っこを天ぷらにして出してくれるんです。

 ほのかな甘味とともにゴボウのような苦味があっておいしい。香りもいいんです。小松菜の根っこの天ぷらは、ほかの店では見たことがないから勉強になりますよ。

 ニンジンを天ぷらにする場合は、千切りにしてかき揚げのように揚げますよね。前平さんは、小さくて細い種類を使って、一本丸ごと揚げます。やっぱり、丸ごと使う方がニンジンそのもののおいしさがダイレクトに伝わってくるんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る