広東名菜「赤坂璃宮」オーナーシェフ・譚彦彬さんの巻<5>

公開日:  更新日:

トレフ・ミヤモト(東京・六本木)

■まるで小籠包…フォアグラとトリュフのコロッケ

 いろいろお店にお邪魔して気になるのは、食材の良し悪しや使い方ですよね。その点でいうと、東京・麻布十番にある天ぷら屋さんの「前平」さんは、面白い。

 一番興味を持ったのが小松菜の根っこです。そうそう、茶色いひげみたいな部分。スーパーで売られている小松菜は根っこが処理されていたり、ついていても切って捨てるでしょ。あの根っこを天ぷらにして出してくれるんです。

 ほのかな甘味とともにゴボウのような苦味があっておいしい。香りもいいんです。小松菜の根っこの天ぷらは、ほかの店では見たことがないから勉強になりますよ。

 ニンジンを天ぷらにする場合は、千切りにしてかき揚げのように揚げますよね。前平さんは、小さくて細い種類を使って、一本丸ごと揚げます。やっぱり、丸ごと使う方がニンジンそのもののおいしさがダイレクトに伝わってくるんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る