西日本豪雨の被災地で横行「点検商法」の悪質手口と対処法

公開日:

 不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)の「さくら事務所」が被害に遭わない対策を提言している。

 まず、突然やってきて点検したいと言ってくる人は限りなく怪しい。点検と称して家屋を自分で破損し、その修理を提案する悪徳業者までいるという。さらに、見積書を書かずに契約を迫るのも業界の常識ではあり得ない。普段なら“おかしい”と気付けることでも、被災して軽いパニック状態の今なら冷静な判断ができない可能性もある。

「対処としては、その場で契約しないこと。業者は契約をせかす傾向にあります。高齢者がターゲットになりがちで、必ず契約前に身内に相談することもおすすめします」(さくら事務所担当者)

 二次被害だけは避けたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る