• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会社のデスクに置いておきたい 猛暑対策グッズあれこれ

 連日、暑い日が続く。気象庁によると、7月に入って東京の最高気温はおおむね30度以上の真夏日で、30度を下回ったのは2日間だけだった。昨年の同時期は、30度未満が9日間もあったのと比べると、今年の異常さが分かる。

 もちろん、暑さの本番はこれから。とりわけ都心では、天気予報で最高気温が35度を超える「猛暑日」が連呼されるのは時間の問題だろう。

 ところで、猛暑への備えは大丈夫? 近所のドラッグストアをのぞいてみると、入り口付近に猛暑対策グッズのコーナーが設けられていた。

「シュッとひと噴きの瞬間冷却スプレー、叩くと冷える冷却パック、水で冷やすだけで冷たく感じる首用冷却剤。この辺りが暑さ対策グッズの定番ですね」(店舗担当者)

 ほかにも、顔用、ボディー用それぞれの薬用ペーパーや、服の上からスプレーする衣類用冷感スプレーなどが並ぶ。子どもが発熱時におでこに貼るシートも以前から売れ筋だそうだが、仕事中の使用は気が進まない。発熱しながら頑張っている姿をアピールしているようでわざとらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る