会社のデスクに置いておきたい 猛暑対策グッズあれこれ

公開日: 更新日:

 連日、暑い日が続く。気象庁によると、7月に入って東京の最高気温はおおむね30度以上の真夏日で、30度を下回ったのは2日間だけだった。昨年の同時期は、30度未満が9日間もあったのと比べると、今年の異常さが分かる。

 もちろん、暑さの本番はこれから。とりわけ都心では、天気予報で最高気温が35度を超える「猛暑日」が連呼されるのは時間の問題だろう。

 ところで、猛暑への備えは大丈夫? 近所のドラッグストアをのぞいてみると、入り口付近に猛暑対策グッズのコーナーが設けられていた。

「シュッとひと噴きの瞬間冷却スプレー、叩くと冷える冷却パック、水で冷やすだけで冷たく感じる首用冷却剤。この辺りが暑さ対策グッズの定番ですね」(店舗担当者)

 ほかにも、顔用、ボディー用それぞれの薬用ペーパーや、服の上からスプレーする衣類用冷感スプレーなどが並ぶ。子どもが発熱時におでこに貼るシートも以前から売れ筋だそうだが、仕事中の使用は気が進まない。発熱しながら頑張っている姿をアピールしているようでわざとらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る