もし断水したら? 避難所生活で役立つ知恵とお助けグッズ

公開日:

 広島県、岡山県などを襲った西日本豪雨は、河川の氾濫や土砂崩れで住民の生活を一瞬にして奪い、各地に甚大な被害を及ぼした。大雨からほぼ10日が過ぎた連休明けの今週火曜日(17日)時点での死者は14府県で223人(警察庁発表)。一時、1万人を超えた避難者数は減っているとはいえ、16府県で4800人(17日正午時点、総務省消防庁調べ)が避難生活を余儀なくされている。自宅が浸水被害に遭ったり、土砂で流されたりすれば絶望的だろう。改めて、自然災害の恐ろしさを見せつけられたが、今回は避難所生活で、“あれば絶対に役に立つモノ”を考えてみた。

■食料・水  

 地域住民主導の指定避難所には、東日本大震災以降、緊急時の水や食料を備蓄するところが増えている。

「まずは、地域指定避難所になっている小中学校や市民センターを家族で確認しておくこと。1週間程度の救援物資の備蓄があるはず。都心で働くサラリーマンは、大きなビルやターミナル駅、ホテルなどでも飲み水、乾パン、毛布を備蓄するところが増えています。勤務中に災害が起きたとき、こうした施設が避難場所になることを覚えておくべきです」(防災アドバイザー・吉田亮一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る