もし断水したら? 避難所生活で役立つ知恵とお助けグッズ

公開日: 更新日:

 広島県、岡山県などを襲った西日本豪雨は、河川の氾濫や土砂崩れで住民の生活を一瞬にして奪い、各地に甚大な被害を及ぼした。大雨からほぼ10日が過ぎた連休明けの今週火曜日(17日)時点での死者は14府県で223人(警察庁発表)。一時、1万人を超えた避難者数は減っているとはいえ、16府県で4800人(17日正午時点、総務省消防庁調べ)が避難生活を余儀なくされている。自宅が浸水被害に遭ったり、土砂で流されたりすれば絶望的だろう。改めて、自然災害の恐ろしさを見せつけられたが、今回は避難所生活で、“あれば絶対に役に立つモノ”を考えてみた。

■食料・水  

 地域住民主導の指定避難所には、東日本大震災以降、緊急時の水や食料を備蓄するところが増えている。

「まずは、地域指定避難所になっている小中学校や市民センターを家族で確認しておくこと。1週間程度の救援物資の備蓄があるはず。都心で働くサラリーマンは、大きなビルやターミナル駅、ホテルなどでも飲み水、乾パン、毛布を備蓄するところが増えています。勤務中に災害が起きたとき、こうした施設が避難場所になることを覚えておくべきです」(防災アドバイザー・吉田亮一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  10. 10

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

もっと見る