ストレス社会が追い風? 女性用育毛剤市場が男性用を逆転

公開日: 更新日:

「ストレス」という言葉が世に生まれたのが1936年。カナダの生理学者ハンス・セリエ氏がネイチャー誌に寄稿した論文がもとになっている。日本では1989年に森高千里(49)が「ザ・ストレス」という曲を発表し、「ストレスが地球と女をだめにする」と歌ったものだ。

 このストレス社会を追い風に売り上げを拡大しているのが、女性用頭皮ケア市場だ。

 富士経済によると、2004年に60億円程度だった市場は、16年には約3倍の185億円に拡大。この年、ついに男性用の売上高を逆転している。そのため市場としても有力で、ロート製薬を皮切りに、花王、資生堂、大正製薬、バスクリン、富士フイルムといった大手が続々と市場に参入している。

 薄毛というと男性の専売特許と思いがちだが、実は女性の8%が髪のボリューム不足に悩んでいる(リクルートライフスタイル調べ)。背景には女性の社会進出などがあり、男性が年を取るごとに悩む人の割合が減る(諦める)のに対し、女性は20代から50代まで満遍なく悩んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る