ストレス社会が追い風? 女性用育毛剤市場が男性用を逆転

公開日:

「ストレス」という言葉が世に生まれたのが1936年。カナダの生理学者ハンス・セリエ氏がネイチャー誌に寄稿した論文がもとになっている。日本では1989年に森高千里(49)が「ザ・ストレス」という曲を発表し、「ストレスが地球と女をだめにする」と歌ったものだ。

 このストレス社会を追い風に売り上げを拡大しているのが、女性用頭皮ケア市場だ。

 富士経済によると、2004年に60億円程度だった市場は、16年には約3倍の185億円に拡大。この年、ついに男性用の売上高を逆転している。そのため市場としても有力で、ロート製薬を皮切りに、花王、資生堂、大正製薬、バスクリン、富士フイルムといった大手が続々と市場に参入している。

 薄毛というと男性の専売特許と思いがちだが、実は女性の8%が髪のボリューム不足に悩んでいる(リクルートライフスタイル調べ)。背景には女性の社会進出などがあり、男性が年を取るごとに悩む人の割合が減る(諦める)のに対し、女性は20代から50代まで満遍なく悩んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る