ストレス社会が追い風? 女性用育毛剤市場が男性用を逆転

公開日:

「ストレス」という言葉が世に生まれたのが1936年。カナダの生理学者ハンス・セリエ氏がネイチャー誌に寄稿した論文がもとになっている。日本では1989年に森高千里(49)が「ザ・ストレス」という曲を発表し、「ストレスが地球と女をだめにする」と歌ったものだ。

 このストレス社会を追い風に売り上げを拡大しているのが、女性用頭皮ケア市場だ。

 富士経済によると、2004年に60億円程度だった市場は、16年には約3倍の185億円に拡大。この年、ついに男性用の売上高を逆転している。そのため市場としても有力で、ロート製薬を皮切りに、花王、資生堂、大正製薬、バスクリン、富士フイルムといった大手が続々と市場に参入している。

 薄毛というと男性の専売特許と思いがちだが、実は女性の8%が髪のボリューム不足に悩んでいる(リクルートライフスタイル調べ)。背景には女性の社会進出などがあり、男性が年を取るごとに悩む人の割合が減る(諦める)のに対し、女性は20代から50代まで満遍なく悩んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る