• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ストレス社会が追い風? 女性用育毛剤市場が男性用を逆転

「ストレス」という言葉が世に生まれたのが1936年。カナダの生理学者ハンス・セリエ氏がネイチャー誌に寄稿した論文がもとになっている。日本では1989年に森高千里(49)が「ザ・ストレス」という曲を発表し、「ストレスが地球と女をだめにする」と歌ったものだ。

 このストレス社会を追い風に売り上げを拡大しているのが、女性用頭皮ケア市場だ。

 富士経済によると、2004年に60億円程度だった市場は、16年には約3倍の185億円に拡大。この年、ついに男性用の売上高を逆転している。そのため市場としても有力で、ロート製薬を皮切りに、花王、資生堂、大正製薬、バスクリン、富士フイルムといった大手が続々と市場に参入している。

 薄毛というと男性の専売特許と思いがちだが、実は女性の8%が髪のボリューム不足に悩んでいる(リクルートライフスタイル調べ)。背景には女性の社会進出などがあり、男性が年を取るごとに悩む人の割合が減る(諦める)のに対し、女性は20代から50代まで満遍なく悩んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る