植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

デートで頑張りすぎて失敗…女をキレさせる男の3つの言動

公開日:

 お見合い後、初めてのデート。相手の女性に好かれようと頑張り過ぎてキレさせる男性は少なくありません。今回は、そんな言動パターンを紹介します。

①知ったかぶり

 博識なところを見せようと過剰に知識をひけらかす男性がいます。ある会社員は、美術館デートで自信満々に、知ったかぶりして破局しました。ゴッホ展に行って大声で「バッハだ。一度見たかったんだ」と。よりにもよって周囲に響く大声で、女性は恥ずかしい思いをしたのです。ゴッホとバッハを間違えるのはどうかと思いますが、分からなければ聞けばいいことです。「絵画に詳しくなくて。教えて?」と素直に聞かれたら、母性をくすぐられる女性も少なくありません。

②過剰な親切は迷惑になる

 あるIT企業に勤める男性は、“手荷物を持つのが親切”と勘違いし、かばんの引っ張り合いになったそうです。女性は「嫌がっているのに『俺が持つから』と譲らなかった」と呆れていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る