植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

デートで頑張りすぎて失敗…女をキレさせる男の3つの言動

公開日:

 お見合い後、初めてのデート。相手の女性に好かれようと頑張り過ぎてキレさせる男性は少なくありません。今回は、そんな言動パターンを紹介します。

①知ったかぶり

 博識なところを見せようと過剰に知識をひけらかす男性がいます。ある会社員は、美術館デートで自信満々に、知ったかぶりして破局しました。ゴッホ展に行って大声で「バッハだ。一度見たかったんだ」と。よりにもよって周囲に響く大声で、女性は恥ずかしい思いをしたのです。ゴッホとバッハを間違えるのはどうかと思いますが、分からなければ聞けばいいことです。「絵画に詳しくなくて。教えて?」と素直に聞かれたら、母性をくすぐられる女性も少なくありません。

②過剰な親切は迷惑になる

 あるIT企業に勤める男性は、“手荷物を持つのが親切”と勘違いし、かばんの引っ張り合いになったそうです。女性は「嫌がっているのに『俺が持つから』と譲らなかった」と呆れていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る