• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

婚活市場では男女問わず「尽くす人」が求められている

 当相談所を訪ねてきた公認会計士の男性(当時50歳=初婚)は恋愛経験も少なく、洋服にも無頓着。お世辞にも、かっこいいとは言えませんでした。しかし入ってから3カ月で、一目ぼれした事務職の女性(当時42歳)と成婚しました。彼女はこの男性を含めて、3人と同時進行でデートをしていて、3人の両親とも会っています。ほかの2人は公務員や大手企業に勤める年下で、見た目も悪くありません。彼が選ばれたのは、なぜでしょうか――。

 初対面で彼女に一目ぼれした彼はその夜、「あなたみたいなきれいな人が僕とお見合いしてくれるのは夢のようです」とメールを送りました。その日から成婚に至るまでの3カ月間、毎日「好きです」や「会えて幸せです」と送り続けたのです。彼女は当初「ダサいし、おじさんだから気が進まない」と話していました。

 しかも、彼は肥満気味でデート中に体調を崩すこともあった。それでも「会いたい」とアプローチが続くので「3カ月以内に10キロ痩せてください。そしたら考えます」と条件をつけました。すると彼はデートのたびにシャープになっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る