プールの水に顔つけるとコレラに…夏休み家族旅行のタブー

公開日:

 この夏も海外に旅行する人たちの多くがアジアを目指すという。日本旅行業協会の夏休み旅行動向によると、人気ランキングトップ10のうちアジア圏は台湾(1位)、韓国(3位)、タイ(4位)、シンガポール(5位)、ベトナム(6位)、香港(7位)と、6つの国と地域が入っている。

 この中でも、タイのプーケットやパタヤ、ベトナムのダナンなどのリゾートは、3世代で一緒の旅行地としても好調だというが、これらのエリアでは、やってはいけないタブーがある。

「まず、東南アジア各地のプールでは、絶対に水に顔をつけてはいけません。一流ホテルでも塩素殺菌をしていないところが多く、水質検査で引っかかっても営業を続けているケースも知っています。適切な処理をしていない下水も使用しているので、コレラ菌が発生している場合もあり、免疫力の弱い子供や老人は特に危険です。海水浴場も、処理せず垂れ流された汚水が流入しているので安心できません」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る