高須基仁さん<1>プラレールを大ヒットさせた“逆転の発想”

公開日:

 だが、第1希望でトミーに入社したわけではないと高須さんは苦笑いする。高須さんは当時、全学連のメンバーで、68年10月21日の国際反戦デーには丸太を片手に防衛庁に突入し、公務執行妨害や凶器準備集合罪で逮捕された。

「前科者ですから銀行や商社は門前払い。そんな私をトミーは『大卒第1号社員』として迎えてくれたのです」=つづく

(取材・文 加藤広栄/日刊ゲンダイ)

▽たかす・もとじ 1947年、静岡県掛川市出身。中央大学法学部卒。70年、トミー(現・タカラトミー)入社。「トミカ」「プラレール」などの開発に携わる。83年、米玩具メーカーのマッチボックス・ジャパン社長。現在はモッツ出版社長。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る