出口保行さん<5>法務省を退官し「先生」という夢を叶えた

公開日: 更新日:

 秘書課の前にいた民間の研究所で2年、その後は法務省のシンクタンクである法務総合研究所に3年間所属した。研究をして論文を書くのが仕事である。

「法務総合研究所では『犯罪白書』を作る部署にいました。研究官が十数人集められたところで、1年分の犯罪データを総括し分析するのです。その上で、その年に取り上げるテーマを決めていきます。他の省庁白書は、省庁の判断で発行できますが、『犯罪白書』だけは閣議を通さなくてはいけない。それだけ重みが違う白書ですから、責任も感じて取り組みました」

 小児誘拐も調査・研究した。

「全国の刑務所にいる小児誘拐をやった受刑者を相手に聞き取りをしました。彼らの6~7割は『性的ないたずら目的』だと話していました。狙う時間は、午後3~4時台。場所は路上で、対象は7~8歳。つまり、小学校1、2年生の学校帰りをターゲットにしているわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る