高須基仁さん<2>学生運動があの大ヒットゲームを生んだ

公開日: 更新日:

 70年安保で学園紛争が沸騰した時代、高須さんは68年の国際反戦デーに防衛庁に突入し、“見事”前科モノとなった。

「まともな企業は相手にしてくれず、『それでも』と受け入れてくれたのが玩具業界でした。今でこそオモチャ会社は就活学生の人気企業になっていますが、玩具メーカーは1年の売り上げの半分を12月と1月に頼る季節商売で、当時はオモチャを反対にした“チャモ屋”という揶揄の言葉もあったほど。今でもチープな商品を“おもちゃのようだ”と表現したりしますが、粗悪品を売っているようなイメージがあったのです。ですから、大学に募集をかけても、学生が集まらなかった。実際、私が1970年にトミーに入社した時も、同期30人のうち28人は集団就職の中卒生、大卒が私1人で、もう1人は経理担当の高卒の女性でした」

 今の学生には想像もつかない時代があったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る